忍者ブログ
君がいてよかった それは一番思うこと
ユメミルクスリ。弥津紀ルート、あえかルートとプレイして、最後のねこ子ルートを読み終えました。

以下、ネタバレ注意。



PR










本当に、素晴らしかったです。
涙腺って、こんなに緩むんですね。
ゲームタイトルでもある「クスリ」をテーマにしているだけあってか、最も力を入れて作りこまれているように感じました。
「クスリ」からの決別をした姿としてねこ子、もとい宏子ちゃんがあんな形で現れてくれるとは。
他2ルートではヒロインの家族はどうしようもなく、ヒロインが主人公家族に迎え入れられる形になっていましたが、「クスリ」からの決別、そしてこのゲームのテーマでもある自分の色を手に入れるという意味で、主人公家族に依存せず立派に自立した姿を見せてくれて嬉しかったです。
そして宏子ちゃんの家族も、彼女の方からしっかり話をして、受け入れてくれるような人たちで良かった。
このルートでは、ヒロイン本人やその家族も含めて、全てが大団円になっているのが素晴らしいですね。
自分の想像する夢を、クスリに頼らず、実現してしまった宏子ちゃん、すごいなあ。
とても魅力的なヒロインでした。
2、3回登場してきた段階では、とんでもなく周りに迷惑をかけるキャラって印象で、好きになれるか不安だったんだけどね。
3人の中で1番好きかも。いや、直近にプレイしたからかもしれないけど。
今になって思うと、基本的にケットシー・ねこ子が直接危害を加えてたのって、悪い人たちばっかりだったもんね。
ぶっとんでて電波ゆんゆんな言動から、少しずつ人間らしい部分が見えてくるのが可愛かったですよ。
他の2人は主人公と違う弱さを持っていて、それを主人公がなんとかしてみせる!ってストーリーだったけど、彼女の場合はクスリに手を出してねこ子に変身していたのは主人公と同じ「自分は何者でもない透明な存在だ」っていう悩みなのもいいですね。
ゲームを始めると、開始まもなくあえかが真っ先に出てきて、ちょっとおいて弥津紀さんが現れて、結構経ったころにようやくねこ子が現れて導入終わり、って感じだったんですが、ゲームタイトルといい、主人公と同じ悩みをかかえていることといい、メインはねこ子ルート……でいいんですよね?
シナリオも一番好きでした。感動したよ。

椿さんはやっぱりこのルートで最も出番が多かったですね。
とはいえ、想像していたほどは出てこなかったですけど、ピンポイントでかっこよく活躍してくれました。
主人公の家族のみなさんは今回はそこまで大きく物語には関わってこなかったですね。
まあ他2ルートのように、ヒロインを家族の中に迎え入れる結末じゃなかったですからね。
どっちにしろ2人は結ばれるわけですけどね。

とにかく、これで全ておしまいです。音楽、CG、シーン回想、全てコンプしました。攻略見ながらですけどね。
まだ選んでない選択肢も沢山あるけれど、そこまで全回収するかはどうでしょう。
全体的な感想は別で書きます。

それでは今回はこの辺で!


追記を閉じる▲

ユメミルクスリ、弥津紀さんの次はあえかルートを選んでみました。

プレイ前の全体的なまとめとかは前回に書いたので、今回はあえかルートのみの感想になります。

以下、ネタバレ注意ー。













まあ予想はついたというかつかない方がおかしいと思うのですが、重いお話でしたね。
「いじめ」という恐らく多くの人にとっては他の2人のヒロインより身近なテーマになっていますし。
弥津紀ルートを攻略中に初めて登場して、「分かりやすい悪者出てきたよ」とか「こんなやつがいるってどんな高校なんですかね」とか思っちゃったジンガイ。
やっぱり嫌いなアントワネット(弥津紀さんの攻略中でも何度も出てきてうっとおしかった)。
前者はともかく、後者についてはトゥルーエンドできちんとやりかえせて良かったですね。

そんなことよりも、自分は何をやられても怒りの感情を露にしないのに、主人公がやられると怒りをむきだしにするあえかちゃんいいですよね。
最後は2人結ばれて、穏やかな日々を取り戻せて嬉しかったです。
正直、「そこまで決意が固いならもう2人で学校辞めたほうが……」と、実際にそれを2人が行動に移すより大分早い段階からやきもきしてはいましたけど。
また、トゥルーエンドでも彼女の家族の方は問題が解決したのかは不明ですよね。
まあ、どうにか上手くやったと脳内補完しておきましょう。
何というか、見た目とは裏腹に、弥津紀さんより大人な感じでした。
あの環境の中で、こんなまっすぐで強い子が育つんだろうか。

そして、主人公の家族は思っていたよりも一枚上手でしたねえ。
このルートで明かされた両親と妹で密かに行われていたという家族会議が、弥津紀ルートのトゥルーで弥津紀さんがいなくなった数ヶ月の間も続いていたとしたら、家族が彼女を割とすんなり受け入れたのも頷ける気がします。
こちらのルートでも、あえかのことをさくっと受け入れてしまっています。
家族の3人とバイト先のエロゲイこと椿さんはいいキャラしてますよね。
今までプレイした2つのルートとも、トゥルーエンドでは主人公の家族の輪の中が安住の地として描かれていて、だからこそ家族の3人についてはプレイヤーが負の感情を抱いては物語が成り立たなくなってしまうわけですが、上手くそうならないようにできていると思います。
椿さんは割とありがちなぶっとんだ強キャラ、魅力的な脇役、って感じですよね。
恐らく舞台が街中、主人公のバイト先とその周辺が舞台になると思われるねこ子ルートでは、より物語に絡んできそうな予感がします。

残すはねこ子ルートですね。
3人のヒロインの中で一際ヤバいやつ、そんな印象の彼女ですが、3つのルートの中でも特に評価が高いようなので、期待してます。

それでは今回はこの辺で。


追記を閉じる▲

少し前にAmazonで購入したPC用18禁ゲーム「ユメミルクスリ」について、少しだけ感想みたいなものを書きたいと思います。
まだプレイしたのは弥津紀ルートだけなのですが。

自分はこれまで18禁のゲームをプレイしたことがありません。
恐らくこれからもなさそう。
ただ、このゲームに関しては主題歌の「せかいにさよなら」をとあるMADで知り、一目惚れ……じゃないですね、一耳惚れ?して以来、ずーっと気になっていたのです。
ゲーム内容を調べると、鬱っぽい物語重視のノベルゲーということで、恐らく、8年間くらいかな?気になっていました。
今になってプレイする気になったのに特にきっかけはないです。
強いて言うなら、暇だったからかな?
最近改めて調べて、18禁ゲームにおける「実用」要素は割と薄いと知り、購入に踏み切りました。

自分にこのゲームへの興味を持たせた主題歌はこちら。



ストーリー抜粋

勉強を遊びも何事もそつなくこなし、楽しくないがなんとなく退屈な日常を送っていた主人公・加々見公平。


そんなある時、彼は3人の風変わりな少女たちと出会う。
いずれ劣らぬ変わり者ぞろい。
「彼女たちと関わってはならない。"普通"の日常を続けたいのなら」。彼の本能は、そう警告するのだが…


ともあれ、購入して迷ったのはこういうゲームにはヒロインが複数いて、誰か1人を選んで攻略するわけで(アカイイトで体験済み)、誰からにするか、でしたね。
ネタバレを踏むのではとドキドキしつつも感想を綴ったサイトを色々見て、多くのサイトでオススメされていた順で弥津紀さんを一番最初に攻略することに決めました。
事前情報読んだ限り一番共感できそうだと感じていたこともあります。
その後は攻略サイトで正解の選択肢を見てそれをなぞっていきました(短編でないノベルゲーではよくやります)。
そして最後にトゥルーエンドとバッドエンドがあるということで、また悩みました。
一気にトゥルーまで見て、バッドは後からチラ見程度にするか。
バッドを味わってからトゥルーでホッとするか。
実際には今回は後者を選びました。


以下、断片的にだけどネタバレ注意。













まず、今回攻略(といっても攻略サイトの選択肢をほぼなぞっただけ)したヒロインの弥津紀さんについて。
前情報だと、将来を悩んで物事を先延ばしにする、なんて説明でヒロイン3人の中で一番共感できるかな、と思っていたのですが、そうでもなかったですね。
明日が来るか分からない、1日を終えて寝るだけでも死を覚悟する、なんて共感できる人がこの世に何人いるのでしょうか。
まあでも、嫌いじゃないですよ、共感こそできなくても。
部分的には共感できるところがなくもなかったし。
突然海外に飛んでクスリをキメられたときは超展開すぎてついていけるか心配になりましたが。
「ユメミルクスリ」ってタイトルだけどクスリが関わってくるのはねこ子さんだけかと思っていたんですが(そんな論評?を読んだ気がする)、そうでもないんですねえ。

いやあ、最後はきちんとハッピーエンドで終わることができて本当に良かったです。
正直、一度息子を殺しかけた相手を受け入れることができる主人公の両親は少し都合が良すぎる気がしましたが。
そして、バッドエンドから回収して正解だったな、と思いました。
逆だったら絶対後味悪かったし、トゥルーエンドの感動も薄れていたことでしょう。
というか、トゥルーでも途中までバッドと同じ展開なので、ちょっとドキドキしてしまいました。
何か選択肢間違えたか?またあの後味悪いエンドを見なきゃいけないのか?ってね。
また、事前情報だけだと割と鬱っぽいゲームだと把握していたので、トゥルーエンドでも二度と弥津紀さんと会えないまま、バッドより多少マシな(彼女が生きている証拠が見つかるだけみたいな)程度の展開になるのかと思ってしまいました。
特に感動した点としては、『しっぺい太郎三世号』の伏線回収ですね。
その役割が劇中で説明された時点で予感するのが普通の人なのかもしれませんが、私はそういうのに疎いので回収時に素直に感動できました。

これで、トゥルーエンドはきちんとハッピーに終われるということが分かったので(信じていいよね?)、他2人も安心して攻略できますね。
ねこ子さんはいいとして、あえかさんはテーマからして暗そうなのでプレイするか迷ってたんですよね。
きちんとプレイしますね。今回みたいに感想書くかは分からないけど。
あと、全体を通して妹の綾がめっちゃいい子ですね。善意の塊だわ。好き。


それでは今回はこの辺で。


追記を閉じる▲



オープニングムービーは軽い閲覧注意。
3:13から流れるとっても不安になる不快なBGMが耳から離れません。
この曲聴きながら寝たら絶対悪夢を見るでしょうね。

同じPSの里見の謎は曲はいいだけマシだと思います。
駄ゲーの砦「BGMはマシ」すらダメだとこんな悲惨になるんですね。

ずーっと気になっていたゲーム。
「アナザーコード 2つの記憶」をついに始めてみました。
DS初期の作品です。

小さい頃、ゲームソフトを買ってもらえるとなるとゲームの売っている店で何時間もかけて(言い過ぎ?)ワクワクしながら選んだものです。
あれがいいかな?とか、あっちもよさそう!とかであっという間に時間は過ぎていき、その間に色んなゲームの存在を知るわけです。
その中で、気にはなっていたけれどその候補から漏れてしまっていた作品の中で、最も強く印象に残っていたのがこれだったわけです。
その当時選ばなかった理由としては、アドベンチャーというあまり経験のないゲームジャンルにあったと思います。
やはり、幼い自分にとってはゲームソフトを買ってもらえるのは一大事というか、滅多にない貴重な機会だったわけで、失敗するわけにはいかないんですよね。
そんなわけで、他にどんなに気になったゲームがあったとしても、慣れ親しんだアクションやロールプレイングといったゲームを選んでしまうのでした。

始めて1時間半ほどゆったりとプレイしてみての感想としては、面白さとしては申し分ない、だけど当時買っていたら攻略に詰まっただろうなって印象です。
第2章クリアまでプレイしたのですが、この歳にもなって一箇所攻略に詰まる部分があって、結局その部分だけ攻略サイトを見てしまいました。
それほど難しいことを求められるわけではない、むしろ謎解きパートは易しめだと思うのですが、探索で一箇所調べ飛ばしてしまった場所があって、そのせいで10分くらい右往左往してました。
それでもいい雰囲気のBGMのお陰かストレスはあまりありませんが。
あと、主人公のアシュレイが可愛くていいですね。無邪気な表情を見ていてほっこりします。
ストーリーは早く先を知りたくなる内容ですが、勿体無いのでゆっくりと1日1章分だけ進めています。
何章まであるんだろこれ。

全体的な感想はクリア後に。それでは今回はこの辺で。